働かずに収入を得る目安と目標

配当金という言葉はご存知ですか?
株を購入して、持ち続けていると貰えるお金のことです。

たとえば、ドコモの株は、1株3,100円です。(2020/8/20現在)
最新情報はこちらをご覧ください。
株は100株単位での購入なので、最低投資額は31万円です。

ドコモは、現在、1株あたりの配当金を120円出すと言っているので
この株を持っていれば、年間配当金が12,000円の収入になります。

働いていないのに収入があることを「不労所得」と言います。

不労所得だけで生活する方法

仮に、毎月10万円で生活が出来たとします。

この場合、年間の支出は120万円です。

ドコモの配当金は100株で12,000円なので、
ドコモの株を10,000株買うと、年間120万円の所得が得られます。

ちなみに、現在の価格3100円×10000株=3100万円
3100万円があれば、全く働かなくても生活ができることになります。

身近な目標

不労所得

3100万円なんて、なかなか貯金できている人は少ないと思います。

そこで、まずは、身近な目標金額を設定して、
配当金をどんどん増やしていきましょう!

年間の固定費

一人暮らしの実際の固定費を出してみました。

 1ヶ月   1年  
家賃5万円60万円
食費3万円36万円
電気代4,000円48,000円
水道代2,000円24,000円
ガス代4,000円48,000円
スマホ代2,000円24,000円
ネット代4,000円48,000円
ガソリン代4,000円48,000円
合計10万円120万円
一人暮らしの固定費

まずは、スマホ代を不労所得で支払う

たとえば、スマホ代は年間24,000円です。
ドコモの株を200株(62万円)を購入すれば、配当金が年間24,000円入るので
一生スマホ代がタダになります。

電気代の不労所得

電気代は、実は、配当金でなく、ポイント支払いで、実質無料にできます。
こちらに纏めてますので参考にしてください。

電気代の年間48,000円が無料になれば、
ドコモの株400株(124万円)を持っているようなものです。

家賃を不労所得で支払う

家賃が5万円だとすると、年間60万円です。

正直、毎月5万円だけでも不労所得が出来たら、生活はずっと楽になります。

その金額は、ドコモの株5,000株(1550万円)です。

この額なら、目指せる人が多いかもしれません。

まとめ

今回は、ドコモの株を紹介しました。
ドコモの配当金の目安としては以下の通りです。

株数100株200株500株1000株2000株5000株10000株
必要投資額31万円62万円155万円310万円620万円1550万円3100万円
年間配当金1.2万円2.4万円6万円12万円24万円60万円120万円
月割配当金1000円2000円5000円1万円2万円5万円10万円

なかなか3100万円の目標まで届かないにしろ、小さい支出から徐々に支払っていければ、さらに投資できる額も増やせると思いますので、ぜひ挑戦してみてください。

また、投資には「複利」という効果があり、これを使うと、資産の増える推移が高くなりますので、こちらもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました