フライパンを焦げ付かないようにする方法

ぺんぎん
ぺんぎん

一人暮らしで、料理をたまにするんだけど、
最近、フライパンがよく焦げるんだ〜

しろくま
しろくま

料理をしてるのは偉いね!
では「フライパンを焦げ付かせない方法」を紹介するね!

フライパンには寿命がある

結論から言うと、焦げたらすぐに買い換えましょう。
フライパンには寿命があり、1年と言われています。

ぺんぎん
ぺんぎん

え〜!?タイトルであんなこと言っているから
なにか方法があると思ったのに!!

買い換えたらまた出費が増えるじゃん!!

しろくま
しろくま

ごめんごめん。
ただ、「買い換えた方がお得」になるんだ。
その理由を紹介するね。

焦げ付くフライパンを使うデメリット

焦げを落とす時間の手間

新品のフライパンを買ったとき、ぜんぜん焦げ付かないですよね。
そのため、皿洗いがすごい楽になります。

フライパンを一日、1回使って洗った場合、以下の通りになります。

使用頻度1回の削減時間毎月の削減時間1年間の削減時間
1日1回1.5分45分9時間

焦げ付くようになったら、毎年9時間も時間を無駄にしてるのです。
安いもので十分なので、買い換えましょう。

油を使いすぎて不健康になる

フライパンが焦げやすくなると、
焦げ付かないように、油を多く使いすぎてしまいます。

ちなみに、1日の油の量は「大さじ一杯」と言われています。
チャーハンを作ると、それくらい使ってしまいますが、
少しでも量を少なくできるよう、フライパンを買い替えましょう。

お得なフライパンの選び方

1万円する、高級フライパンも、寿命は1,2年と言われています。
それだったら、2,000円くらいで購入できるフライパンを毎年買い換えたほうが
手間がかかりません。

私は、イオンで購入しましたが、
以下の条件であればどれでも良いので参考にしてみてください。

  • IH、ガス火を間違えないこと
  • 持ち心地がいいもの(軽量さ、手持ちの持ちやすさ)
  • 24〜26センチの深底(なんでも作れて便利!)

深底のメリット

あくまで、一人暮らしの前提で話をします。

普通にフライパンとして使う目的は勿論、
深底であれば、「カレー」や「煮物」などで使う、の代わりとして使えます!

鍋を買わなくていいので、一石二鳥だと思います。

ぺんぎん
ぺんぎん

よーし、分かった!
さっそくフライパン買ってくる!

しろくま
しろくま

下のフライパンは、魔法瓶でおなじみの
「サーモス」ブランドだよ。

2000円台で買えるからオススメだよ。

タイトルとURLをコピーしました