Windowsより、Macをおすすめする理由

ぺんぎん
ぺんぎん

最近パソコン遅いから次は、何買おうかなぁ〜?
Macも気になるけど、使ったこと無いからなぁ〜。

しろくま
しろくま

大丈夫だよ!
僕も最初は、そう思ってたけど問題無かったから!

ということで、今回は、Macを買うことをオススメする理由について書いていきます。
少しでもMacへの不安が払拭できればと思っています。

Macは使い方が分からない?

そんなことありません。少しだけ戸惑うかもしれませんが、
1,2時間もあれば使い方は分かると思います。

私が唯一、調べないと分からなかったことは「半角/全角キー」です。
Macは、スペースの横の「英数キー」「かなキー」で対応します。

慣れは必要ですが、すぐ慣れます。
むしろWindowsもそのように設定出来るようなので、設定してみてください。

Macは高いんじゃないの?

現在のMacの価格を確認すると、MacBookAirで104,800円(税別)です。
Windowsで同じスペックのものを探すと、8万円以上はします。
家電屋に行くと、ハイスペックで15万円以上のものをオススメされると思います。

ネットをしたり、動画見たりするくらいならMacBookAirで十分です。
写真をたくさん撮る方はGoogleフォトを使うことで、無制限に保存ができるので
HDD(SSD)の容量を大きくする必要がありません。

凝った動画編集をするYouTuberの方々は、MacBook Proがいいかと思います。
MacBook Proは高いものは高いので、まずは、MacBook Airで十分です。
10万円であれば無難じゃないでしょうか?

Macは5年使える!

Windowsを使っていると、3年くらいで遅くなってイライラします。
Macはそれが全然ありません。
私は5年前のMacを持っていますが、まだまだ使えます。

Macは、リセールバリューが良い!

リセールバリューとは、購入したものを売る値段です。
10万円でMacを買い、5年後にいくらで売れるでしょうか?
Windowsだとゴミですが、Macは5年後でも3万円くらいで売れちゃいます。

実際の価格は7万円で済んじゃうわけです。
iPhoneも同じ理由で、おすすめしてます。

デメリット

ExcelやWordが使いにくい

Excelやwordを使う人もいると思います。
MacにはExcelの代わりにNumbersというソフトが入っていますが、
それが使いにくい!

そんな方は、Googleのスプレッドシートを使ってみてください。
多少は改善されます。

関数とか、マクロを多様しなければ、
無料で出来るGoogleのスプレッドシートをお勧めします。

フリーソフトが少ない

Windowsにたくさんあったフリーソフトが少ないです。
これは、ほとんどの場合、AppStoreで有料版を買うしか無いです。

まとめ

「使い方」や「値段」でMacを悩まれていた方は、
少しは前向きに考えてみて頂けたんじゃないでしょうか?

普段使うものは高くても良いものを使うべきだと思っています。
それだけでテンション上がりますからね。

これをキッカケに、Macも土俵に入れて、パソコン選びを検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました