【時短】料理を安く、早く、旨く 作る方法

料理は好きだけど、やっぱり面倒くさいときありますよね。
今回は、安く、早く、旨く作れる料理を紹介します。

カップ麺は一番ラクですが、子供がいるなどの理由で
どうしても料理したい場合は、参考にしてみて下さい。

そもそも、なんで面倒か?

何を作ろうか迷う

あらかじめ、食べたいものがあれば、良いですが、
そもそも、冷蔵庫に無いと、買い物に行かなければなりません。

また、お米を炊いていないと、お米を炊くのを待たなければならず、
お腹空いているときには向いていません。

下準備が面倒くさい!

あらかじめ、切った野菜があればいいですが、それも無い場合
まな板や包丁で野菜を切ったり、途中かけの野菜を保管したり、
些細なことかもですが、それすら面倒なこともあります。

洗い物が面倒くさい!

圧倒的に面倒なのが洗い物です。
食洗機があれば、楽なのかも知れませんが、
大物のフライパンとか、まな板は、手洗いになることが多いです。

また、使ったお茶碗やお皿を洗うのも、
時間がかかるし、ごちゃごちゃして面倒です。

なにを作ればいいか?

安く

ご飯は炊かないといけなかったり、
「レンジで出来るご飯」は、1食で100円程度して少し高いです。

おすすめの主食は、次の2つです。

  • ゆでうどん(1袋 20円前後)
  • パスタ  (100g 20円〜30円)

ゆでうどんの場合

早く

ゆでうどんって、賞味期限が短いですよね。
実はゆでうどんって、冷凍できるんです。

解凍の仕方は、お皿無しで、そのまま電子レンジに
600Wか500Wで1分。 更にひっくり返してもう1分。

あとは、洗い物を楽にするために、どうすればいいかです。

旨く

豚バラと、キムチを準備しておいて下さい。
これらの食材は、切らなくてもいいので、下準備が不要です。

豚バラと、キムチがあれば、このように「豚キム焼きうどん」が出来ます。

写真では余っていた人参やピーマンが入っていますが、
キムチにも野菜は入っているので、お手軽料理です。

パスタの場合

早く

パスタは、電子レンジで、「茹でる & 調理」が可能です。
まず、耐熱ガラスで出来た、ボウルを用意します。
ここに、パスタ100gを半分に折って入れます。

ここに調味料と食材と、お水を250mlを入れます。
どのような料理かによって水の量は変えます。

レンチンの時間は、パスタの表記「+3分」です。
たとえば、7分と記載されている場合は、10分で、
味が偏ることがあるとので時間の半分のタイミングでパスタを混ぜて下さい。

また、耐熱ボウルは、かなり熱くなっているのでご注意ください。

旨く

では、どんなパスタを作るのか。
以下の写真は、味噌、豚ロース、冷凍ネギだけでレンチンした料理です。

パスタと味噌の相性は抜群で、茹でると調理を一緒に行うことで
パスタの中まで味がしっかり染み込んで絶品でした。

また、ボウルそのままでも食べられるので、
洗い物が少なくなるのも良いところです。

ちなみに使った食材と、分量は以下の通りです。

  • パスタ:100g
  • 味噌:大さじ2杯程度
  • 豚ロース:お好み
  • 冷凍ネギ:お好み
  • 料理酒:大さじ1杯
  • 生姜(チューブ):2cm
  • 水:250g

もしよろしければ、参考にしてみて、アレンジしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました