WordPressで「保護されていない通信」の対処法

あなたのブログサイト
URLにと表示されるページはありませんか?

※スマホの場合、三角にビックリマークで表示されます

正常異常(パソコン)異常(スマホ)

私のブログサイトは、TOPページなどの「記事の一覧」は問題なかったのですが
一部の記事を開くと「保護されていない通信」と表示されていました。

一部の記事だけ、このような問題になる方も、解決できる内容となっています。
今後発生させないために必須設定だと思いますので、ご覧頂ければと思います。

「保護されていない通信」になる理由

原因は、SSL化されていないからです。

「SSL」とは、セキュリティの高い通信で、
URLの先頭が、「httpからhttpsにすることをSSL化と言います。

「http」は、セキュリティレベルが低く
httpsは、セキュリティレベルが高いです。

SSL化(http→https)すべき理由

・セキュリティ向上
・googleの検索順位が上がる(SEOが高くなる)
・信頼性のアップ

ブログを収益化したい人にとっては、必須の作業だと言っていいと思います。

スポンサーリンク

SSL化の方法

対策としては、2つ行う必要があります。

・サーバーのSSL化
・サイトのSSL化

サーバのSSL化

Xserverであれば、以下の手順で変更可能です。

1.サーバパネルから、「SSL設定」を開きます

2.変更するドメイン名欄にある「選択する」を選びます。

3.独自SSL設定追加タブを表示し、サイト名を確認し、確認画面へ進みます。

4.追加するボタンを押します。

5.1分程度待つと以下のように表示されたら完了です。

これで、サーバのSSL化は完了です。

サイトのSSL化

プラグインの有効化だけで大丈夫です。

1.WordPressのプラグインの新規追加から「Really Simple SSL」と検索します。

2.以下のアイコンのプラグインをインストールし「有効化」します。

Really Simple SSL

3.画面に沿って「SSLを有効化します」を押せば完了です。

まとめ

今回1からSSL化する方法を紹介しました。
しかし、もともと私はこのサイトをSSL化しているつもりでした。

恐らく、どこかの記事で外部リンクを貼る際に
httpサイトを紹介していたのかと思われます。

全く原因がつかめず、サイトの操作を試行錯誤しましたが
最終的にプラグインのインストールで解決しました。

このプラグインを使うことで、今後も自動的にSSL化してくれます。
めちゃくちゃ便利なプラグインの紹介でした。

タイトルとURLをコピーしました