今の就活生に話したいこと。今後就活する人へのアドバイス。

現在コロナの影響で、就活に苦戦している人は多いと思います。
私自身、2010年入社で、リーマンショックの真っ只中のときに就活をしていました。

コロナの影響よりリーマンショックの方が影響は少ないかもしれませんが、
ちょっとでも参考になればいいなと思います。

自身の経験談について

今の就活の時期と、私の就活の時期は少し異なるかもしれませんが
こんな就活の履歴でした。

2008年10月 就職活動スタート
    たくさんの履歴書やエントリーシート記入
2009年2月? 初面接
    数企業が面接まで行くが、どこも合格にならず。
2009年5月 1社内定
    内定は出るものの、その企業に不安があり、就活を継続
2009年7月 2社目内定
2009年8月 卒業研究、大学生活の満喫
2010年4月 入社

今後就活する人がやっておくべきこと(大学1年〜3年)

いろいろな経験を積む

私の場合、大学生活の中で、次の経験談をアピールしました

  • ボランティアサークルでの活動
  • アルバイト経験
  • 資格を取る

正直、大学生が出来るアピールポイントは少ないです。
なので、海外留学さえしておくだけで、他の人より何倍も経験豊富です。
積極的にいろんなものにチャレンジして、自分のアピールポイントを磨きましょう。

アルバイト経験について

大学時代に社会との繋がりをもてるのは、アルバイトが大きいです。
私は大学時代に飲食店で接客業をやっていました。
しかし、個人店だったのでマニュアルが無く、接客品質は悪かったと思います。

接客がうまいと思うのは、スターバックスです。
スターバックスでは、接客は勿論、企業の知識など、教えてもらえるみたいです。

また、ディズニーランドを運営するオリエンタルランドは、お客様を大事にする
という考え方を知れることも多いと思います。

今まで知らなかった人との、コミュニケーション能力も磨けます。

資格の取得について

大学生なので、運転免許書はほとんどの方が持っていると思いますが
履歴書にそれだけ書くのはもったいないと思います。

大学生でも取得できて、有利だと思うのは次の資格です。

  • TOEIC
  • 簿記3級
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト
  • ITパスポート

殆どの人が資格がない中、私は、
マイクロソフトオフィススペシャリストの資格を持っていたので、
就活で、少しは有利に動いたと思います。

就活生がやっておくべきこと

履歴書を早めに完成させる

履歴書には、自分のアピールする部分が大半です。
会社ごとに違うのは志望動機だけです。

履歴書が就活する上でのスタートラインなので、
大学の就活担当の人に何度も添削してもらいましょう。

大学1〜3年までに実際に経験して感じたことを具体的に書けると
その人の人柄が履歴書という文字だけで分かってくれます。

面接の練習

面接は誰でも緊張するものです。
なので、面接官に聞かれることは予め答えを持っておくといいと思います。

ただ、頭の中でイメージしててはだめです。
実際に練習してアドバイスを貰うといいと思います。

私は、研究室の先生と練習しました。
初めは、研究内容についてのみの説明だったんですが、
模擬面接のように指導してもらえました。

また、いくつかの企業と面接をしたことで、
緊張することが少なくなり、今の会社の面接でうまくいったんだと思っています。

最後に

正直、面接はかなり大事と感じました。
面接官からしたら、これから一緒に仕事したい人を決めるわけです。

最低限の清潔感、礼儀、謙虚さは勿論ですが、
いかに、その場で自分自身に興味をもってくれるかです。

たくさん内定を貰う人もいますが、私は最後の最後まで諦めないで
やったおかげで、今があると思っています。

就活はめぐり合わせです。
恋人たちが付き合う恋愛のようなもので、十人十色です。
最後まで諦めないで、第一志望に内定がもらえることを願っています。

もちろん、第一志望は途中で変えても構いません。
お祈りされても、次の第一志望を見つけて気持ちを切り替えていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました