「SBI証券の単元未満株」と「ネオモバ」を比較してみた

単元未満株とは

引用:SBI証券

「単元未満株」とは、1株単位で株を購入できる制度です。

通常、株の購入は100株セットで購入が必要です。
例えば、トヨタ自動車の株を購入したい場合、1株は約7700円なので、100株ですと77万円必要になります。株初心者の方にとって、なかなか手の出せない金額です。

単元未満株のメリット

・分散投資しやすい
・配当金も受け取れる

単元未満株のデメリット

・手数料が高い
・リアルタイム取引ができない

手数料の比較

一番影響が大きいのは、手数料についてです。
結論から書くと、ネオモバが断然お得になっています。

SBI証券の単元未満株の手数料

約定代金×0.5%  (最低手数料50円)

例えば、5万円分の株を購入すると、手数料は250円かかります。
また、この株を売ると、更に250円がかかります。

ネオモバの手数料

引用:ネオモバ

ネオモバは、月額料金になります。最低料金は220円です。

50万円以内の取引であれば、220円で済みますが、毎月Tポイントが200pt付与されるので、実質20円(税金分)で済みます。

手数料以外の比較

SBI証券の魅力

・NISAが利用できる
・SBI口座を持っている人は、そのまま利用できる
・取引がなければ手数料はかからない
・外国株も取引できる

ネオモバの魅力

・専用のアプリがあるので簡単に取引できる
・Tポイントを使って株が買える

ネオモバの注意事項

ネオモバの方が魅力的な結果となりましたが、注意する点があります。

・ポイントは翌月までに使うこと

翌月までに使わないと全て無駄になってしまいます。100円から設定できる「自動定期買付」を使い無駄なく投資に回しましょう。

まとめ

SBI証券ネオモバ
手数料50万円の取引で、2500円50万円の取引で、220円
手軽さ
できることの多さ
こんな人にオススメ投資中級者
〜上級者
投資初心者
〜中級者

初心者から中級者までは、ネオモバをおすすめします。
ネオモバであれば、投資の基本である「分散投資」が自然と行えます。
分散投資の重要性や、私の投資の考え方については、こちらをご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました