私の「投資の考え方」

不労所得という考え

私の投資の目的は、不労所得で生活することです。
不労所得とは、働かずに収入を得ることです。

株を購入すると、配当金が貰えます。
例えば、2020/11/27現在の株の価格から言うと

NTTは約25万円で購入でき、毎年1万円の配当。
JTは約22万円で購入でき、毎年1.5万円の配当。
オリックスは、約16万円で購入でき、毎年7.7千円の配当。
伊藤忠は、約28万円で購入でき、毎年8千円の配当。
UFJは、約5万円で購入でき、毎年1.3千円の配当が得られます。

配当金が高い銘柄を並べてしまいましたが、
約100万円で、毎年4万円の配当が得られるようになります。

例えば、1年間毎年100万円を貯金できるとして、
10年後は、1000万円の株で、毎年40万円の配当が得られます。

いいえ、それよりもっと貰える可能性が高くなります。
それは、「複利の力」を利用できるからです。

複利について

複利の力を使うことによって、
10年後は、1200万円の株で、毎年48万円の配当が得られます。

年数  累計貯金額 
(年100万円)
 複利4%   差額  
1年100 万円104万円4 万円
5年500 万円541 万円41 万円
10年1,000 万円1200 万円200 万円
15年1,500 万円2000 万円500 万円
20年2,000 万円2977 万円977 万円
毎年100万円を4%で運用した場合

複利についての記事は、こちらをご覧ください。

私は、3000万円の株で、配当金120万円を目標にしています。
これにより、何もしなくても毎月10万円が貰えることになります。
(毎月10万円では、まだ働かないといけないですけどね。)

投資の基本

投資は、やり方によってはギャンブルになります。
ただし、基本的には分散投資をすることがオススメされています。

ここでは、3つの分散について説明します。

地域の分散

株の購入というと、日本しか思い浮かばないかもしれません。
海外も考慮してください。日本円の暴落の備えになります。

ビットコインなどの仮想通貨も対象に入れてもいいと思います。

商品の分散

同じ商品を購入していると、その銘柄で資産が左右されてしまいます。

かと言って、通信会社のドコモ、KDDI、ソフトバンクで分けてもダメです。
政府が通信業界に規制を出すと、通信会社全体の株が暴落することがあります。

時間の分散

株をやり始めに陥りやすいのが、最初から貯金の半分を投資してしまうことです。もしかしたら、翌年に大きく値下がりしてしまう可能性もあります。

毎年100万円というのを意識して投資するのが良いかと思います。

投資のテクニック

私はYoutubeで情報収集することが多いです。
最近、よく見るようになったのは、高橋ダンです。

長期的に購入すべきもの、短期的に購入すべきものを、知ることができます。
専門用語が多いので初心者には分かりづらいですが、内容がわからなくても、まずは「今は銀行株を買うチャンス!」などを知れるだけでもいいかもしれません。

ただ、初心者の方は、両学長の動画を見ることをオススメします、

株が上昇しやすい月

株の売買には、「短期」「中期」「長期」があります。
私のイメージでは、以下の通りです。

短期・・・1ヶ月以内
中期・・・数ヶ月
長期・・・数年

長期になると、何月に購入しようとあまり関係は無いですが
短期、中期で購入する場合は10月から購入し始めることをオススメします。

10月から徐々に株が上昇していき、4月に株が落ちていくことが多いです。

テクニック分析:MACD

最近は、高橋ダンがよく使っているMACDを見るようになりました。
こちらのサイトで詳しく紹介されているので、参考にしてみてください。

ポートフォリオ

ポートフォリオとは、金融資産の全貌のことです。
ちなみに、私のポートフォリオは以下の通りになっています。

2020/11現在のポートフォリオ

あまり投資に回せていないので、保険と現金を減らし、株の割合を回そうと思っています。

まとめ

私の投資に対する考え方を説明しました。
重要なのは、「分散投資」です。

みなさんも、自分なりのポートフォリオを作成し
計画的に投資をしてみてください。

また、初心者の方には、ネオモバで口座を作成するのがオススメです。

【SBIネオモバイル証券】

「ネオモバ」であれば、分散投資や自動積立が簡単にできます。

タイトルとURLをコピーしました